« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

甲子園

甲子園

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の興奮が冷めやらぬうちに、春の高校野、センバツ甲子園に熱くなっています。

紙屋の配達途中のカーラジオに釘付けです。 先週の日曜日に続いて、今日は仕事が終わってから甲子園に行ってみました。

昨日も大熱戦の末、岡山関西(かんぜい)対早稲田実業戦は7−7で引き分け再試合(大会15年ぶり)。そのため今日は4試合まであると聞いたので、遅い時間まで試合をしていると予測して、仕事の後に観戦を試みました。 着いたときにはもう9回。 それでも最後まで目を離せない試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

大阪城公園~教育塔

060327i005_1


11月27日、大阪城公園に行って来ました。
仕事が終わってからなので夜です。でも天守閣はライトアップされていて風情があります。

060327i007
桜?!
にはまだ早いと思うのですが、早咲きの品種でしょうか?
それとも違う木なのか・・
公園の入り口で一本だけ満開の気がありました。
木も外灯に照らされてきれいです。

060327i033

060327i037

今回、大阪城公園に来た目的は「教育塔」です。
学校に居るときや大災害で亡くなった児童を合葬している塔です。
新潟の中越大震災の犠牲になった4人の児童が、昨年10月30日に合葬されました。
当時5年生だったY君の卒業証書は、同級生と一緒にご両親が授与されたそうです。
「卒業おめでとう」
を言いたくて、この教育塔に来ました。

教育塔の周りには、お堀づたいにたくさんの桜(たぶん)の木が、つぼみを付けていました。
満開になる頃にまた来たいな。


060327i023

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

春の選抜高校野球

今日は春の選抜高校野球が開催されている甲子園に来ています。

WBCのトーナメントでは、高校野球の経験がチームプレーによい影響を与えたのではないかと言う解説者もいましたが、トーナメント戦の緊張感の中でこそ生まれる素晴らしいプレーには観ていても手に汗をにぎることも。

世界一になった「野球」を楽しもうと甲子園に来ました。200603261531000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尼御前岬

写真は福井県の尼御前岬です。

知人の家でご不幸があり、25日に富山県に行きました。
途中かみんをとった尼御前S.Aに隣接する公園で撮影しました。200603250744000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミルクコーヒー

3月24日(金)

takuぼんさんの職場に出産祝いを届けに行きました。
takuぼんさんには、ホームパーティーに呼んでいただいたり、一緒にスキーやライブに行ったり、
水害現場のボランティアに行ったり、かかりつけの歯医者さんだったりと
プラザ5でいっしょに仕事をしていただいた奥さん共々とてもお世話になっています。
とても、のほほん~とさせてくれるキャラですが、心の熱い方です。

この日はtakuぼんさんの職場に、診察時間が終わって片づけなどをしている時間にお邪魔しました。
(たまに診てもらわないとですが)
携帯のカメラで撮った赤ちゃんの写真を見せていただいた後、忙しく出かけて行かれましたが、
そのあ助手をされているtakuさんのお母さんにミルクコーヒーとラスクをごちそうになっちゃいました。
多くの人がドキドキそわそわすると思う歯医者さんの待合室でしたが、
美味しいミルクコーヒーで心まであたたまった気がしました。


takuぼんさんのブログでは絆Tシャツの宣伝をしていただいています。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

卒業式

よくプラザ5に遊びに来てくれていた、小学生のAちゃんとMちゃんに会った。

のぶ 「こんにちは! ・・・もしかして卒業した!?」

A 「まだ。でも もうすぐ。23日」

のぶ 「ホンマに卒業できるの?」(笑)

A 「わからへん・・。だってなぁ、先生困らせてばっかやったもん。
   あんなこととか、こんなこととか・・
   マジ卒業でけへんかも」(汗)

M 「一年生からやり直しや」

(爆)

のぶ 「思い出いっぱいやね」


不安と期待たっぷりに、AちゃんもMちゃんも、今日卒業式を迎えたようです。
僕は仕事でお祝いに行けなかったけど、卒業生の母親に連れられて、僕のカメラがみんなの門出をまぶたに(SDカードに)焼き付けてきました。
自分も歳を重ねるのをちょっと焦りながらも、近所のお兄ちゃん(ガキどもには「おっちゃん」と呼ばれる)としても、一緒に遊んだ思い出の分だけ、みんなの成長に不安と喜びを感じます。

060323i002


そんな卒業シーズン、数日前のラジオニュースで、熊取町で起きた女子児童行方不明事件の父親が我が子の卒業式に参加したというニュースを聞かされた。
我が子が卒業するはずだった・・。そんな日には思い出の分だけ悲しみが重たいかも知れない。
僕には想像し尽くせない悲しみがあるのだと思う。そんなことを考えながら頭に浮かんだのは、先月拝見した小千谷市の東山小学校の風景。
中越大震災で被害を受け、この度再建して、新学期に先駆けてお披露目のされた小学校。真新しい木の香りの校舎が印象的でした。
過去を振り返る思い出を持たない僕が言うのは心苦しいけれど、
でも新年度新学期からは、たくさんの思い出が生まれるように願わずにはいられません。


Aちゃん達も来月には中学生(!)
新しい思い出づくりに励んでもらいたいものです。


2月26日にお披露目された東山小学校の写真のページをつくりました。
http://http://www.nyobu.com/album/060226/album.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

シリーズ 車窓 〜空模様〜

今日は暖かいと思っていたのですが、突然の雪!?
ミゾレでした。
ちょっとですけど。
配達中なので慌てて荷台の品物を助手席に避難させました。200603031401000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »