« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年4月27日 (木)

お見舞い選びは難しい・・

いつもお世話になっているTシャチョーが検査のために入院。
いつもどおり元気な笑顔で居るようだが、病院では退屈そうだから
「お見舞いに行ってよ」
とまち・コミの仲間に背中を押され、昨日26日に病院へ。

手ぶらでも、女の子が行けば喜ぶでしょうが、僕が手ぶらではちょっと気が引ける。何か持って行こう・・
さて、
食べ物は安易だけど安価でも本人は喜ぶ。
でも検査のじゃまになったりしないのか? 情報不足。
日数が長い入院なら衣類も喜ばれるが、数日後には帰ってくるし、家の人がちゃんとしてることでしょうう。
では退屈しのぎに本はどうかと書店へ。
けれど文学の知識に長けているTシャチョーに買っていく本て・・
ぜんぜん本を読まない僕が選べるのかと、書店に来たことを過ちと悟ってしまった。
30分悩んで、足は「旅の本」のコーナーに。
選んだのは「歴史古道の旅」でした。
考えるのに時間を費やして、面会時間を過ぎて病院に到着。
迷惑な見舞客でした・・m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

4月25日 尼崎へ

2005年4月25日、
仕事が終わった後に尼崎へクルマを走らせた。
痛ましい列車事故が起きたのが、ちょうど1年前。
この場所に来たのは2度目。1度目は事故発生の1週間後。献花台が設置されたというニュースを聞いた日でした。
この日も献花台と焼香台が用意されていて、多くのお花が手向けられていました。
マンションの脇には仏像が安置されていて、こちらにも多くのお花が供えてありました。
深夜の肌寒さも手伝ってか、1年前と同じく、空気が重たく感じられました。
午後の11時でしたが、ポツリポツリとお花を手にする人の姿を見かけました。
JRの職員と思われる黒いネクタイをした男性が献花台の脇に数名、入り口と献花台、仏像にそれぞれ警備員が立って、皆、訪れる人に深々と頭を下げていました。
この場所全体が人の高さほどの白い幕で囲われていて、照明や取材の車両なども手伝ってか、
明らかに他と違う雰囲気を感じさせます。

この日のラジオのニュースは、朝からトップニュースで伝えていて、
中でも遺族や怪我を負った方々の言葉を伝えたり、気持ちを紹介する内容が印象的でした。
とてもショックだったのは、PTSDが癒えるどころか、より強くなっていたり、当初症状の出ていなかった人がPTSDになっていたりするケースもあるというのです。
現場に行って、その独特の雰囲気、その中を通過していく電車を見たときに
   亡くなられた方の家族や知人、乗り合わせた方達の目にはどのように映るのだろう。
   1年を伝える報道はどのように映るのだろう。
そんなことを考えずには居られなくなり、
「忘れてはいけない」「語り継がなくては」
という言葉までも残酷に感じられた。
積極的に関心を持とうとしている自分も、もしかしたら無意識に被害者を苦しめている事がないとはいえない。
「忘れない」 は
「これ以上悲しみや苦しみを増やさないため」であることを忘れていないか、
単に記憶するだけになっていないか、
自分に問い続けるばかりの帰り道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

4月23日 神戸で開かれた研究会

4月23日(日)
「中山間地の復興のあり方を考える・研究会~新潟県中越大震災被災地の今」と題した集まりが、神戸でありました。

塩谷でもお馴染みの、日報の記者Tさんが集団移転問題などについて報告してくださいました。
会場には、災害現場の第一線で活動しているボランティアや色々な分野で災害について研究されている大学の先生、建築士といった方々が30名ほど集まっていました。
諸々の問題について話をした後、Tさんは
「東京(中央)を動かさないと何も変わらない。理論武装して、東京を変えさせていきたい。
 そのための知恵を皆さんからいただきたい」
と呼びかけ、集まった皆さんからも、質問や意見、アイデアなど様々な発言が飛び交いました。

5時からの懇親会からも、議論はさらに過熱(?)
今回の研究会は、1度きりとも継続するとも謳っていませんでしたが、
「そのうち現地に行って合宿をしよう」
といった発言まで出ていました。


ちゃっかり販売用の“絆T”も持っていっていたら、期せずしてTさんが話の中で紹介してくれたので、何人かの人に買ってもらいました。
今度神戸新聞さんにTシャツを紹介してもらえるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

4月16日 花見?

御蔵通5.6.7丁目の住民で、毎月第3土曜日に通称「防犯の(み)会」と呼んでいる飲み会をしています。
「防犯」といっても防犯活動をしているわけでなく、単に飲み会です。。
年末の「防犯実践会」による夜警・夜回りであつまったみんなが、定期的に飲み会をしようと始まったので、このように呼ばれています。
それでも普段ゆっくり話すことの無い男連中にとっては貴重な意見交換(議論・口論)の場です。
「消防団をつくらないと」ーーなんていう話もこの席で話題となっているのですが、なかなか具体的な話になっていかないのが残念です。
まーあわてずにゆっくり、少しずつでも動いていればよいのかなーと思っています。

今月は日曜日にずらして、4月16日の昼間に「花見」と称して屋外で焼肉を焼きました。
自治会館の横でやったのですが、周りには桜の木は少なく、その木もすでに葉っぱが満開。
「どこに花咲いてるの?」
「どーせダレも花見いへんやろ」
などという馬鹿話をしする酒飲みの集まりでした。。

明るいうちに、たくさん飲んで、気持ちよく昼寝をしてしまいました。
これが失敗・・
夜は大阪にライブを見に行く予定だったのに、目が覚めたら開演時間・・・・・・・・

会場の近くまで行って、一緒に行くはずだったウッキー君に電話をすると
「今終わりましたよー」
はあぁ~
やってしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

4月15日 コンテナ引越し

いつもお世話になっているTシャチョーの会社、H商会は自動車部品の卸販売をする会社です。
ですが、時々普段と違う仕事をされていることが有ります。

15日土曜日、僕が紙の仕事を終えてまちコミの事務所に行くと、隣の旧社屋の周りにH商会の社員さんが集まっていました。
まさに、普段と違う“物”を売るための仕事をされていました。
その物とは、コンテナハウス。それも12月まで仮社屋として使っていたモノ。
3階建てとして使っていた3階部分の買い手があって、約2間×4間のモノを4ブロック。
1ブロックづつクレーンで吊り上げて、壁を付け直して、4トントラックに載せて運んでいました。

もう一度言いますが、H商会は自動車部品の会社です。
でもみんな慣れた手つきでコンテナハウスの壁をはずしたり付けたり。
クレーンのオペレーターに合図するのも慣れたものです。

というのも震災の被害を受けた後、1995年6月に仮再建したときも、2000年5月に区画整理工事のために移築したときも、社員さん総出でコンテナハウスを組み立てているので、慣れたものです。
20064151425


いつもお世話になっている会社のお手伝いが出来ないかと、K部長のそばに行き
「手伝えることは有りますか?」
と口にする前に
「遅かったなぁ」
とK部長・・・。2時間程度の短い時間ですが、作業に参加させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

4月9日 小千谷・塩谷へ

1ヶ月半ぶりに中越に帰ってきました。

今回は、神戸の名産「イカナゴのくぎ煮」を、塩谷の皆さんに食べてもらいたいと想って持ってきました。
といっても自分では料理できないので、いつも神戸・御蔵のまち・コミでお世話になっている、御蔵の住民さんやパソコンクラブで一緒に遊んでもらっているご婦人方に声をかけさせてもらい、勿論神戸のみんなも中越の様子を気にかけているので、快く協力してくれました。

道中、道路は全く雪の影響を受けることはなかったけど、景色の中には、まだ多く雪が見られました。
といっても千谷ホテル(仮設住宅)と道路を隔てていた雪の壁はひざの高さくらいまでに低くなっていました。

ところが塩谷などの山間部は、減ってきてはいるもののまだまだ雪が多く、屋外での作業はまだ先のようです。
2月の下旬に塩谷に来た時には、積雪が1月の時と比べてかなり減っていたので、今年は雪解けが早いのかな? と感じていたのですが、その後天気の悪い日が多かったようで
「あれから減ってねぇなー」
とはT男さんの言葉。
お昼ごはんを一緒に食べさせてもらったMクニさんも
「毎年半年の間は作業が中断されるから、(他の地域が)復興に10年かかるとしたら、ここは20年かかるわなぁ」
と、うらめしそうにはなしておりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

夜桜 ~パソコンクラブの花見

4月7日(金)

毎週金曜日に賑やかにパソコンを勉強している皆さんと、
この日は、いつも以上に賑やかに夜桜見学。

花冷えの続いていた今日この頃、この日だけはとてもいい天気。
みな口々に「いや~、私の行いが良いからだわ~」と言いたい放題。
でも、この日が一番の満開で、良い日和でした。

060407i012

最後はみんなで記念撮影。
来週はこの日の写真をパソコンで加工して楽しむことでしょう。
10日の月曜日に大雨で桜は散ってしまいましたが、
クラブのみんなは、パソコンの画面の中で、しばらく花見が続きそうです。


写真日記へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

パソコンクラブ

毎週金曜日、午後6時30分からはパソコンクラブ。
数年前なら、「えっ? パソコンするのですか?」
と聞かれてしまいそうな・・といったら失礼ですが、エネルギッシュなご婦人方が集まって、パソコンに夢中です。

何をしているかというと、旅行の写真やお孫さんの写真を編集してデコレーションしたカードやオリジナルのアルバムを作ったり。
060331i022

「この集合写真はこの人がシャッター押した」
って?? 人物を合成した写真を作ったり!! かなり高度な事も。

長い人はもうすぐ6年になります。
以前プラザ5で行っていたパソコン教室では、僕も講師で電源の入れ方から教えていたのですが、今ではとても敵わないほど、熟練したフォトレタッチの使い手たちです。
060331i026


今度、皆さんの作品も紹介してみたいです。

写真は3月31日のクラブの様子。写真日記も掲載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

さくら

あちこちで桜が咲き始めました。
もうそろそろお花見のシーズンですねぇ~
<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園~清峰決勝進出

応援したい高校はたくさんありました。
センバツ初勝利の新潟・日本文理、最南端高校の沖縄・八重山商工、
再試合の激戦を戦った岡山・関西と東京・早稲田実業、
数年前にまち・コミメンバーFの従兄弟が出た青森・光星、
以前住んでいた北海道勢。
中でもセンバツ初出場の長崎・清峰を個人的に応援していました。
長崎は旅行で3回訪れたことがありますが、特別ゆかりが有るわけではありません。
でも気になる土地でもあるし、何より昨年夏の甲子園の旋風が強く印象に残っています。
っていっても試合はあまり見てなかったけど・・それでも初出場で愛媛・済美と愛知・愛工大名電を破った快進撃は野球ファンの心に残ったはずです。それぞれこの年と前年の春のセンバツ優勝校。
その2校を夏に勝った清峰が、翌年、つまりこの年のセンバツで決勝まで進みました。
明日は平日で、当然紙屋で勤務。タイミング良くカーラジオが聴けると嬉しいですが・・


060403seihou2
昨年、夏の甲子園の「清峰高校」ペナント

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

4月2日 新長田うまいもん市

まち・コミのメンバー、カトーくんが勤めるまちづくり会社「ながたTMO」で企画に携わった商店街のイベント
「うまいもん市」が六間道商店街と大正筋商店街で3/31~4/2開催されていました。

2日が一番にぎやかだと聞いたので、行ってみました。
あいにくの悪天候で客足が遠のいた感がありますが、それでも
けっこう多くのお客さんが来られていました。

あめ細工やさん


似顔絵やさん

友人の飴細工やさんとイラストレーターの似顔絵やさんが出店していたので、
挨拶がてらイベントを楽しもうとお邪魔させてもらいました。

新長田うまいもん市(写真日記)
神撫太鼓とイベント会場の様子
ハルぼんと会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »