« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年8月22日 (水)

復興デザイン研究会 2007夏のセミナー

今週末、東京に行って
『復興デザイン研究会 2007夏のセミナー』
に参加しようと思います。

直前ですが、一緒に行く方いませんかーー

http://www.cf-network.jp/index.php?itemid=1040

以下、抜粋
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

復興デザイン研究会 2007夏のセミナー のご案内

日時: 8月25日(土)14:00-17:00 (終了後、先生を囲んで懇親会の予定)
場所: 北区防災センター「地震の科学館」
    東京都北区西ヶ原2 1 6
     JR京浜東北線上中里駅より徒歩5分
     東京メトロ南北線西ヶ原駅(1番出口)より徒歩5分
    電話:03 3940 1811
    
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/facility/168/016801.htm
参加費: 不要(2007年度年会費を徴収します)なお、懇親会費5,000円(予定)

復興デザイン研究会では、「場の文化」と生命原理に基づいた次世代の夢を創る
ご活動をされております清水博先生(特定非営利活動法人 場の研究所)をお招
きし、災害復興と「場」について考えるセミナーを開催します。清水先生は、
「場の思想」(東京大学出版会)や「生命を捉えなおす--生きている状態とは何
か」(中公新書)、「生命知としての場の論理-柳生新陰流に見る共創の理」
(中公新書)などで著名な先生で、その思想は、これからの災害復興に参考にな
ることばかりだと思います。夏の終りの暑い時ではありますが、先生のお話を伺っ
て、復興に関する悶々とした思いをすっきりとさせることのできる機会にしたい
と思います。たくさんの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

川中島の戦い

甲子園に場所を変えた越後と甲斐の死闘は、越後・新潟明訓に軍配。

甲府商業も四死球がなく堅い守りで、息の詰まるような好試合でした。

新潟県勢で夏の甲子園初勝利から二回戦突破。新潟明訓。
新潟に通う者としても嬉しく思います。

移動の最中も楽しく過ごせて感謝です!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

雑草野球

今年もカーラジオの高校野球に夢中です。

さっき甲子園に立ち寄った時に目についたのは紫のユニホームの応援団。
背中に『雑草野球』の文字。
秋田代表 金足農業

毎回ランナーを背負いながらの粘りの投球。守る野手。

先発投手は強打を受けて倒れながらの送球。


『雑草野球』を見せ付けてくれているのを。


車中に熱い風を感じながら、ラジオに耳を傾けている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

柏崎

桑さんチームが入った現場に連れて行ってもらいました。

海岸線に近いこの地区は甚大な被害が出ていて、倒壊家屋などが密集しているためボランティアセンターはボランティアの立ち入りを禁止しているらしい。

桑さんたちは、一般ボランティアの入らない現場に『丸特隊』としてこの地で活動していました。

070729i013 070729i016

070729i014 丸特隊で解体予定のブロック塀

070802i005 この地で気になったのは、応急危険度判定の張り紙が、一つの建物に2枚張られているところがある。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

鉄道の代行運転

7月28日29日の土・日の休みを利用して、2度目の中越沖地震の現場入りをしました。

週末だけの活動で、自分で現場コーディネートできないので、地震発生から活動を続けているとちぎの桑さんを頼っての現地入りです。
桑さんにはいつもお世話になりっぱなしです。

今回はマイカーではなく、電車を乗り継いで行くことにしました。
これまでも小千谷にも何度か電車で行ったことはあるのですが、これまで何度か利用したことのある夜行急行『きたぐに』は災害の影響で運転取り止めの最中。
他にも『日本海』や『北陸』などの中越沖の被害を受けた北陸本線や越後線の線路を利用している特急などが運転されていませんでした。

在来線ももちろん普通区間があり、西側からは直江津駅まではおおむね時刻表どおりでしたが、その先、柿崎駅までは臨時電車でした。

070728i012 「普通」の表示ですが臨時電車です。

ほくほく線と北陸本線の分岐点となる「犀潟(さいがた)」駅で見つけたカッパ070728i006

柿崎からは線路が復旧していないので代行バスに乗り換えです。
070728i016 070728i015

ここまでの移動の中で乗換駅を過ごすミスをしてしまい(-_-; 2時間半ほどロスタイム。
柏崎に着いたのは14時を回っていました。

さらに、現場を飛び回る桑さんを追っかけて小千谷に移動することに。
柏崎から長岡も代行運転のバスで移動で予想以上に時間が掛かりました。

070802i001 070802i002 僕が帰る翌日から長岡~柏崎間の線路が復旧されたようです。ダイヤは刻々と変化して、復旧に向けて動いています。

で、長岡での乗り継ぎのタイミングが悪かったこともありますが、小千谷に着いたときには日没間際でした。

そんなわけでこの土曜日はまったく作業せず、移動で過ごしました。

高速道路も早い時期に仮舗装され全線開通していたし、鉄道も臨時ダイヤや代行運転で大方の移動手段は確保されていることに、災害対応のすばやさを感じました。
それでも乗り継ぎや代行のバスでの移動時間を考えると、現地住民の足への影響と、鉄道の輸送能力の高さを改めて感じることの出来た有意義な一日でした か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »