« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

かぜ組

先日歯医者さんから、歯ぐきの腫れを抑えるために薬をもらいました。3日続けて飲まないといけません。
ですが、その翌朝から風邪の症状(-.-)

風邪薬を飲むので、歯ぐきの薬は放置しっぱなしです。。

ここ3日間お酒を飲まずに栄養ドリンクを飲んで寝たら、今朝から回復傾向。

歯医者さんで処方された薬は明日から飲み始めます。
あと3日間はお酒ガマンですm(..)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

入院。。

僕ではありません。

“縁の下のもぐら”の貴重な戦力でもある、愛車のエスティマHV、通称:フロッグさんですrvcar
大晦日にsnow雪道で滑って、ガードレールに接触してケガをしてしまいましたwobbly

100122c002

走行には問題なかったので、ケガから2週間働いてもらっていたら患部がサビで痛々しくなってしまいましたsweat01
無理させてゴメンナサイ。。

1.17に働いてもらった後はしばらくクルマが必要な活動予定は無いので、先週末から入院しました。
しばしお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

1月17日の神戸

1/17の神戸は、各地で追悼行事やイベントが行われていて、思い思いの形で、震災の犠牲者の追悼や震災の記憶をとどめるための行事が行われています。

15年関わりを持ってきた御蔵通で午前と午後の5時46分を迎えました。
合間に神戸市役所南の公園、東遊園地や新長田駅前などに足を運び、知人を訪ね歩きました。
遠く、関東や新潟から来られた知人との挨拶を交わし、活動の出発点である1月17日に多くの方に支えられ、時間を共有しながら活動していることを改めて感じました。

御蔵通5丁目北公園午前5時46分の追悼行事。
僕にとって、ボランティアを始めた地でもあり、まちづくりに関わった地であり、今の職場のある御蔵通から今年もこの日を迎えました。
100117i002 100117i015

午後、新長田駅前の追悼行事会場へ
15年前からボラの活動でお世話になっているワダカンさんが実行委員長をされていて、長田社協の人や他グループのボランティアさんなどと再会出来ました。
普段合わなくても、長年活躍してくれている同志がたくさんいることを改めて意識できました。
100117i052

被災地NGO恊働センター、CODEの事務所前では、新潟から来られたご一行様と挨拶させて貰いました。
100117i060

夕方の5時46分は有志で慰霊碑に集いました。
100117i066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

2010年1月17日

2010年1月17日
阪神・淡路大震災の犠牲になられた多くの方の十六回忌を迎えて、兵庫県各地で追悼行事が行われています。

写真は神戸市長田区御蔵通で午前5時46分に合わせて行われた追悼行事です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月16日 (土)

2010年1月16日

15年目、最後の1日。
明日から16年目が始まります。

「 何 周年」ではなく「 何 回忌」、

「何年経った」ではなく「何年目」。

と、表現しようと自分に言い聞かせていましたが。
被災を受けた人の中にも「 何 年目」と考えたくない方もいらっしゃるかも。
と、一昨年くらいに ふと思いました。

やっと気持ちを切り替えられた--という方が居られたとしたら、
「何 年目・・・まだ震災は終わっていないんだから」
と表現するのは迷惑かも知れません。
「迷惑だ」と言われたことも無いですが、一昨年までの10数年考えていなかったことに気が付きました。

.

『 1月17日 』
被災を受けた人でも
「周りが騒ぐほど意識していないけど・・。」
という人もいるし、
「忘れちゃ行けない日」
と強く言う人もいる。

忘れられない人は「忘れちゃ行けない」とは表現しないかも知れません。

しばらくして気が付いたのですが、「1月17日をそんなに意識していない」と言っていた人は、地震の数年後に病気で亡くなった家族の命日が、より多くの事を感じ、考える日であるように見受けられました。

.

一人一人、それぞれの15年間があって、お一人一人がそれぞれの1月17日を迎えられることと思います。

.

.

.

いつも力足らずで、ろくに貢献できていませんが、これからも出来そうなことが有れば、行けるところには足を運ぼうと考えています。
あちこちで出会う皆様、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »