« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月26日 (水)

関矢酒店

関矢酒店
関矢酒店
関矢酒店
平日に東京に来る貴重な機会に、是非とも来たかったのが関矢酒店。

神戸は西須磨のまちづくりに、献身的に活動されているOさんが紹介して下さった、故・関矢健二さんのお店です。

日本酒のプロデューサーという仕事を先駆的に確立され、いくつもの酒蔵を再興されてきた“伝説の人”関矢健二さん。

そのセキヤオリジナルのお酒が、こじんまりとした店内に存在感を持ってならんでいました。

今の店主で、健二さんの息子さんが丁寧に接客してくださいました。
いろいろ話を聴かせていただいて、割高と思いつつ、いろいろ飲みたくて四合瓶を4本かわせてもらいました。

開けるのが楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回の上京の目的は定期検診です。
5歳の時に受けた手術の経過を診るための検診。

心電図とレントゲンを撮りましたが、いつも通りなんの問題も有りませんでした。

検診を受けた慶応義塾病院から10分ほど歩くと四谷三丁目に消防署と併設された、東京消防庁の消防博物館があります。
前から気になっていたので、入ってみました。


無料で入れて立派な施設でした。
子どもが向けのミニカーの消防車を動かして火災現場に動かすゲームについ手が出てしまいました。
あとから子連れが来たので、男の子に教えながらフェードアウトしました。ちょっと恥ずかしかったです。

展示の内容は、江戸時代からのものや明治~昭和の消防車やヘリコプターといった貴重な物品がありました。
模型や映像を見せてくれる展示もありましたが、内容は子供向けのものが多く、子どもに消防士を目指してもらおうと思うなら悪くない展示ですが、もっと広い世代に防災や災害、火災に関心を持ってもらえる内容にしてもらいたいなぁと感じました。
学芸員などが居ないのでしょうかね。高望みしすぎかな? 入館無料だしね。

地下にショップがあったので、コレクションしている手ぬぐいとTシャツ、それに人工呼吸用のフェイスガードを買いました。
このお店の商品はとても気に入りました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶をたどる

GW、小千谷・塩谷の芒種庵でのこと。 (UPが遅くてすみません・・)

地元のマサフミさん、ケンジさん、静岡のまっちゃんと昼ご飯を食べてくつろいでいると、玄関から男性の声で

「すみません、塩谷小学校の跡地を探しているのですが」

「!?」

「私、自衛官でして、(2004年の)地震の翌日にヘリコプターで降りた者です」

「!!!!」

急いで芒種庵の中に上がってもらい、お話を伺いました。
100504i026
今日は休日を利用して、家族と行楽に来た途中で、家族にも当時の話をしようと塩谷に立ち寄られたとのこと。
2004年10月23日に発生した中越地震を受けて、当時勤務していた群馬県の駐屯地からヘリコプターで救援に来たそうです。

「ヘリが降りられるか確認するために、グランドを歩幅で計っていましたよね」
と住民の言葉に
「それ私です!」
と自衛官のAさん。
当時、違う立場で同じ場所に居合わせた人たちの会話が重なるのが興味的でした。

100504i027

100504i030_2

ヘリの発着場所となった塩谷小学校跡に移動して、当時の様子を思い返しながらまた、お話を聞かせてもらいました。
Aさんは先遣隊で、住民避難用の双発ヘリを夜明けとともに着陸させるための段取りをされていたそうです。

100504i041
100504i044

後に山古志村の地震ダムになった地域で活動したとのことで、今も被災家屋の残る木篭地区に行きました。

100504i046_2

自衛隊による地震ダムの復旧作業では、海の工事で使う台船をダムに浮かせて作業していたそうで、作業完了後に台船をヘリで吊り上げる作業は、自衛官たちにとっても想像を超える大きな作業になり、成功したときには高揚したといった、貴重な話を聞かせていただきました。
100504i052
100504i051

また機会があれば、ゆっくりお話を聞かせていただきたいと願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

間に合った〜

大慌てで家から駅へ。途中乗り換えて大阪駅22時48分着。

なんとか23時00分発の夜行バス梲に間に合いました。

明日の朝には東京です晸

仕事を休んだので、会社のみんなには申し訳ないですm(u_u)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

雨にも負けぬサラリーマン~NHKの歴史秘話ヒストリア

NHKの「歴史秘話ヒストリア」

5月12日、(日付変わって)昨日の放送は「雨にも負けぬサラリーマン~宮沢賢治 最期の2年半~」
宮沢賢治のサラリーマンとしての働きに視点を置いた放送でした。
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/45.html
エピソード3は「雨ニモ負ケズ働きたかった・・・」とサブタイトル。

-----------
有名な「雨ニモマケズ」は、賢治の死後、愛用のカバンに残された手帳に書かれていたものだった。東京出張中に過労で倒れ、苦しい病床でこの「雨ニモマケズ」を書いた賢治。名文に込められたサラリーマン・宮沢賢治の思いを浮き彫りにする。
-----------
(番組ホームページより)

放送の中の朗読を聴くと、中越大震災の現場で知り合った「福さん」を思い出した。

いつも黙々と作業をこなし、誰にも分け隔てなく接してくれた。
2004年10月の地震から2007年5月まで、中越に千葉から40回通ったそうです。
お通夜での弔辞で、中越のボランティア仲間が、50代の若さで旅立った福さんを偲んで読み上げた「雨ニモマケズ・・」
宮沢賢治が「ワタシハナリタイ」と言う「サウイフモノニ」と生前の福さんがあまりにも重なり、式場はすすり泣く声が止まなかった。
僕も含めて、あふれる涙が止まらなかった。
http://blog.canpan.info/makezu/monthly/200705/4
(kuroさんのブログ)

宮沢賢治がこの文をしたためたのが病床だったと、番組教えてくれた。

病床の福さんもまだまだ動きたいと望んで、宮沢賢治と同じ様な気持ちだったのかもしれない。

そういえば、福さんが旅立ったのが2007年の5月10日。
お通夜が5月13日でした。
番組を観終えてからも、宮沢賢治のことと福さんのことに想いを馳せる時間を頂きました。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
欲ハナク
決シテ瞋(いか)ラズ
イツモシズカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲ食ベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコワガラナクテモイイトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハ
ナリタイ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

塩谷で撮った写真たち

100504c018 こどもたちの慰霊塔

100504c002 雪解けを待って、GWに咲いた桜

100504i013 雪が残る畑や池を眼下に山肌にしがみついてます。。

100504i002 すいせん。春になって、道の端を華やかに飾ってくれています

100504i034 ふきのとう

100504i004 かたくり

100504i011 うるい

100504c022_2 うど

100504i058今日の後山

100504i062 名峰をかすかに望む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

雪と桜と鶯

雪と桜と鶯
雪と桜と鶯
雪と桜と鶯
山肌や畑の所々に雪の残る中越の山間部。
そこに点在する集落の一つ、まいどお世話になっている塩谷にまた来ました。

雪が溶けをまっていた桜が今咲いていました。
「桜も梅も一緒に咲く」
と教わりました。
ウグイスの鳴き声も聞けました。

雪解けを待っていたものはたくさんあります。
山菜もその一つ。

今日はケンジさんとマサフミさんに案内していただいて、山菜取りをさせてもらいました。
実は今回一番の楽しみでした('-^*)/

結構な急傾斜で“こごみ”、“うるい”を摘ませてもらいました。“うど”は見つけるのが下手くそで、あまり収穫出来ませんでしたが、他の人の収穫をわけていただきました(*^_^*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)




3年くらいぶりに、小千谷の闘牛観戦です(^-^)/

闘牛場に来ると、たくさん知り合いに会えるのも楽しみの一つですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの足湯隊 1日目

GWの足湯隊 1日目
GWの足湯隊 1日目
足湯隊の1日目は、午前中にビラまき、午後は諸岡公民館で足湯をしました。

が、午前には途中合流の1年生を迎えに行き、前日からの夜間移動のため睡魔に襲われて午後は車中で仮眠。
本隊の活動はサボりっぱなしで、アシにしかしませんでした。

夕方は沈む夕日を横目に、黒島地区でビラまきをしてこの日の活動を終え、そのあとで皆と離れて新潟・小千谷へと単独移動を始めました。

写真は、ちっと観光。茅葺き屋根のお寺、本誓寺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

ゴールデン・ウィーク

本日臨時休業!
ゴールデン・ウィーク突入です(*^ー^)ノ

僕の予定が3日前になって決まりました。

今日1日夜>
足湯隊の学生と神戸発
2日朝>
能登着〜足湯に参加
夕方>
一人で能登発
3日朝>
中越・小千谷着〜闘牛観戦(3年振りくらいかな)
その後は中日本を気まぐれドライブしながら神戸に帰ります。

道中遊び相手をしてくれる人連絡くださいな(=^▽^=)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まち・コミの活動記録

まち・コミの活動記録
ここ数年、まち・コミの活動とは縁遠くなっていましたが、今年に入ってまち・コミの活動を記録に残そうという動きが出来て、月に数回の会議に参加しています。
3月には年表が出来上がり、これからも活動の記録誌作りが続きます。

今日も会議に参加しました。
色々思い出しながら楽しくもあり、十分な結果を残すことの出来なかった苦い思い出を掘り返したり、15年ってやっぱり長い時間だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »