« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

仮設団地の広場、整地作業

仮設団地での運動会会場となる広場の整地作業。

ダンプで運び込まれた砂をダンプとユンボと最後はレイキやスコップの手作業でならしていきます。

久々に、ユンボがフル稼働の現場です。

 

131031f014

131031f023

131031f051_2

131031f043

131031f037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

間伐丸太の搬出とメンテナンス

津波で大きな被害を受けた地域で、こどもたちの笑顔をふやす、遊び場の活動をするグループが丸太を組んで遊び場にあずま屋を建てるたいとのこと。
丸太の調達で協力依頼を受けて、半島部の山に入って間伐材を搬出しました。

普段こども相手の活動をしている タギ君も一緒に山に。
チェーンソーの経験は少なくも興味津々のタギ君を指導しながら作業をしました。
細かな諸作業の説明にも、必要性を実感しながら「勉強になります」と熱く受け止めてくれました。
山から戴いた木を、きっと有効に利用してくれることでしょう。
131029f010

131029f027

夜は、今日も一緒に活動したマイ・チェーンソーの手入れと部品交換。
今日は教えながら学んだ気がします。
メンテナンスにも興味を強く持ってくれたタギ君を見ていて、自分ももっともっと道具を見る時間を増やそうと・・。

131029f036

亀裂の入った部品(下)を新しい部品(上)に交換しました。
131029f043_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

8月以来、長岡水害の現場を訪ねました

今日、午前中は、今年7月下旬に起きた長岡水害の被害を受けた乙吉地域での活動を振り返り、当時現地ボランティアセンター・サテライトで運営に尽力されていた河内さんと意見を交換する時間をいただきました。
これからの救援活動に活かせるよう、連携を望み、自分の活動の中で情報を活用するよう心がけたいと感じました。

河内さんを訪ねた『長岡震災アーカイブセンター きおくみらい』では、中越地震の悲しくつらい経験を未来につなぐための展示を紹介してもらいました。

131023f008

乙吉地域におじゃまして平穏を取り戻しつつある地域の様子を拝見しました。
あの時大暴れしたであろう川は、緩やかな表情でした。

玄関のタイルを張り替えている業者さんや、床下の泥出しをしていたお宅に畳が運び込まれるところに遭遇しました。
いまだ復旧作業の最中だと気付かされましたが、作業が進められていることを喜びたいと思います。

131023f011

131023f015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中越地震から9年  闘牛の郷を訪ね、追悼行事に参列

長岡にて用事を済ませた後、小千谷へ。

まずは思い出のある闘牛場や知人宅を訪ねました。

夕刻、塩谷にて地震の犠牲になった当時児童3名の自宅跡で手を合わせ、17時56分には観音様の慰霊碑で家族や集落の住民の皆と共に黙祷。

毎年来れるわけではないですが、今年はこの時間を共有することが出来ました。

これからも、10月23日に限らず、この地で皆さんとの時間を共有させてもらうことを望んでいます。
それは、追悼の想いを表現する数少ない行動と考えた自分の願いでもあり、多くの経験や出会いをいただいた感謝へのお返しでもあります。
今日はただ亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

131023f030

131023f019

131023f029

131023f032

131023c007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年新潟県中越地震から丸9年

昨日、新潟は中越に到着。
今日、10月23日は2004年中越地震から丸9年。
当時の状況や活動とその後の変化を想いながら各所を回りたいと考えています。

17時46分は、尊い3名の命を失った山間の集落で、その後長い付き合い地元の人たちと追悼の行事に参列します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

車両贈呈式

山元町の仮設住宅で、車両の贈呈式が行われました。

贈られた車両はピザ窯を積んだ移動販売車。
おととしの津波で流された店舗に代わって、活躍します。

贈呈先は角田町の社会福祉法人なのですが、まず先に山元町の仮住まいをされている方々に召し上がっていただきたいと、仮設住宅の一角での贈呈式となり、新しいピザ窯で焼いたピザをはじめ、移動調理・販売車両4台などが美味しい食事を振舞ってくれていました。

新しいピザ窯を積んだ車両と共に、これからも地域に溶け込んだ福祉活動してくださることと思います。

131021f038

131021f035

ピザの振る舞いが始まると、早速行列
131021f103

131021f118

ジュースとジェラードのコーナーには、黒めがねの人が・・
131021f122

車両、もとい厨房の中を覗かせてもらいました。
131021f140

車の中とは思えない、本格的なピザ窯
131021f142b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

5~6日前に夢の中に祖父が出てきました。
めったに親族の夢は見ないのですが、祖父が夢に出てきたのはどれだけ久しかったか思い出せないくらいです。

口数が少なく、感情をあまり表情に出さず、よく散歩に行っていた祖父が出てきました。
僕の夢だから、僕の持っているイメージなのは当たり前かな。

家族数人が集まっていた部屋に、祖父は甥っ子と帰ってきて、甥っ子が
「どこと、どこを散歩してきた」
と話してくれたので、僕は祖父に向かって
「(ひ孫と)たくさん散歩できて良かったね」
と声を掛けたけど、黙って聞いているだけの祖父。
---そこで夢から覚めました。

20余年前に他界した祖父と、3年前に生まれた甥っ子は夢の中でしか会うことは無いのですが、もし会っていたら、どれだけ喜んだろうと想像したらボロボロと涙が出てきました。
涙もろくなったのは歳のせいでしょうか(笑)

10月20日は祖父の誕生日。
今日は祖父が長年暮らした大阪を後にして石巻に戻ってきました。
こんど大阪に行くときは祖父母や母の暮らしていた地域にも足を伸ばして見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

災害ボランティア・セミナー

大阪に拠点を置く、『NPO法人日本森林ボランティア協会』主催のセミナー
『地震、災害、私たちに何ができるか?

 ~ 森林ボランティア、万一の時は災害ボランティア ~』
に参加してきました。
僕も『NPO法人日本森林ボランティア協会』の会員ということもあり、また、セミナーを開催するにあたって主として携わっている一人の入江さんはDRT-Japanとして一緒に幾度も活動を共にしてきた仲間なので、企画段階から口を挟ませてもらっていました。
こちらもDRT-Japanの仲間で、助さんこと『OPEN JAPAN』の吉村さんがゲスト・コメンテーター。
災害現場での活動はすくなくても、森林ボランティアの経験をしている方々は、チェーンソーをはじめ、災害現場で有効活用出来る道具や経験を積んでいることを再認識してもらったものと手応えを感じました。
また、会員以外からの参加も多く、連携の広がるきっかけにもなりそうです。
131018f018
131018f008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

東京会議

大阪に移動中、東京にて。

ダイヤは乱れていましたが、昼過ぎに仙台駅から新幹線に乗れて、けっこう順調に東京にやってきました。
たまたま東京に仕事で来ていた似顔絵師の あさゆき さんと旨く連絡が取れて品川駅で合流。
今後の東日本での活動のことも含めて話す機会ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンパンマン

幼稚園でアンパンマンの絵本と出会ったとき、心を動かされたことを覚えています。
自分の一部を分け与え、不安取り除き、元気を与える。
目に見える敵と戦うのではないヒーローに驚き、夢中になっていました。
その時の感情は、こどもながらに“尊敬”していたのだと思い出されます。

ひとに力を与え、前向きに歩んでもらうために分け与えられるものを、いつか自分も持てるようになりたい。
歳を重ねても、初めて心を動かされたことを忘れることはなく、そんなヒーローを生み出した やなせたかし先生を尊敬してやみません。

やなせたかし先生のご冥福を心からお祈りいたします。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

東北大学へ

今日は、東北大学川内キャンパスへ。
東北大学学生ボランティア支援室の藤室先生と会って情報交換と活動資材の運搬を手伝ってきました。

131015a003jpg

藤室先生は今年の3月まで、神戸大学の学生ボランティア支援室で、東北に向けたボランティアバスを早い内から運営してきました。
学生のボランティアサークルや中越・KOBE足湯隊の参謀として長年活動している藤室先生は、大学同志、学生同士が複数の大学で繋がり、ネットワークで活動することの重要性を意識していて、昨日までも東北大学、岩手大学、神戸大学の連合チームで、陸前高田の仮設住宅などで活動していました。

僕は6年前に知り合い、互いに阪神・淡路大震災から活動を続けている同い年の仲間で友人。
これからも協力し合って、情報共有していこうと思います。

お昼ご飯は学食に案内してもらいました。お財布にやさしい(^^)

131015a001

131015a004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

あずま屋の打ち合わせ

こどもの遊び場を作っているグループから丸太の調達の依頼。

丸太を使って作る、あずま屋の大きさなどを聞いて、現場ロケハン。

131014f004

以前伐採した丸太の様子を数日前に見に行っていました。
これが使えそうです。
131011f004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

神社の樹木、剪定

津波の被害を受けて、葉の付け方などが不安定になっていた神社の樹木。

神社の復旧作業が進んでいることもあって、宮司さんが思いきった剪定を希望されたので、埼玉から駆けつけてくれたコーゼンさんと一緒にかなり太い枝の切断作業。

これから健やかに育ってくれると期待しています。

131009f022

131009f033

131009f009

131009f037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

メンテナンス

今日は雨降りもあって、道具のメンテナンス。
特に、数々の現場で活躍してくれているマイ・チェーンソーMS200を丁寧に掃除しました。

普段開けないところを、買ってから初めて開けてみると、かなりのゴミが溜まっていました。
見えていないところを放って置いてはいけないなと気付かされました。

131007a002b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

山元町遠征~イグネの伐採~IVUSAスキルアップ

山元町遠征活動の2日目。

塩害イグネの伐採活動をIVUSAとテラセン常連ボランティアのスキルアップの機会に。
DRT中心メンバーは安全管理と指導役です。

チェーンソーという道具の危険性だけでなく、伐木作業は大事故につながる作業。
だからこそ、危険性と技術を覚えてもらい、様々な場面に応用して、これからの活動も無事故で発展してもらいたいと願っています。

131006f006

131006f011

131006f017

131006f019

131006f022

131006f035

131006f042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

yamamototyouennsei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山元帳遠征~漁業支援~テント設営

漁師さんたちの作業場になる大型のテントの組み立て作業。

テラセンとIVUSAと合流して、連合チームでの活動。
幾度と活動を共にした顔ぶれで、テンポよく作業が出来ました。

漁港の復旧がなかなか進んでいないように感じてしまう光景ですが、漁師さんたちは前に前に進もうと仕事を進めています。
今回のテントが完成して、漁師さんたちの仕事を後押し出来るま思います。

漁港に活気が出ることを願っています。

131005f009

131005f013

131005f025

131005f050

131005f052

131005f058

131005f067

131005f072

131005f080

131005f088

131005f103

131005f101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »