« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月24日 (日)

陸前高田での活動

久しぶりに訪れた陸前高田。
沿岸部で建築中の建物や大きな橋が建設中で、部分的に変化も見られました。

131124c002

けれど、市街中心部は新しい建物が建つ様子は見られず、広大な空き地が広がっています。
131124c003

今回は、一昨年から時々一緒に活動している神戸大学のボランティアバス・チームと東北大学と岩手大学の3大学連合、学生ボランティアの活動を覗かせてもらいました。

仮設住宅 集会所での足湯と手芸のイベントやこども企画、遺品調査の屋外作業、住民さんへのヒアリング調査など、8件の企画やニーズを学生たちがこなしていました。

写真は足湯の後つくった、まつぼっくりクリスマスツリーです。
131124c024

131124c036

こちらヒアリングの様子
131124c052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

エスカレーター

昨日は私用で本籍のある地の役所へ
幼少の頃を回想しながら駅前のアーケードを歩いてみました。
区役所は新しく、きれいになっていました。

131120p003
ところで、都内の駅はどこもエスカレーターの乗り口に人の渋滞が発生している。
「関東は左に立ち、右を空ける」
「関西は右に立ち、左を空ける」
いいえ、本当に礼儀のよい乗り方は
「2列に前に詰めながら乗る。歩いたり走ったりは危険です」
131119p036_2
皆がすれば乗り口の渋滞は解消されるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動(11月19日)

午前中は泉津地域の活動現場で洗浄作業をしました。
昼からは資機材の発送作業をして、高速船で帰路に就きます。
活動を続ける仲間と復興に向けて動いている地元の方々を想いながら島を離れます。
131119p005
131119p008
131119p013
まだ災害ボランティアセンターの活動は続きますが、ニーズ対応は、ようやく先が見えてきた様子。
目線を変えて、これまでの活動現場より山を登って見ました。
業者の大型重機や大型ダンプが働いている状況。復旧作業はまだ只中にあります。
救援ボランティア活動から視点を変えながら、これからも伊豆大島の様子に目を向けていきたいと思います。
131119p022
活動を共にした仲間数名と高速船に乗り大島を後に。
今回は見送られる側。
コバケンさんが活動の合間を見て、見送ってくれました。
131119p028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

伊豆大島 岡田港

9日に伊豆大島に来たのち、4回目の岡田港。
活動を共にした仲間たちに感謝を込めて見送りの回数。

今日は、一日早く帰るKuroさんと所要で数日島を離れる ひーさん。
それから、今回も元気をもらったIVUSAの後発帰還組。

「今度は何時来るの?」
島の方々からたびたび聞かれる挨拶のような言葉。
離島ならではの口癖なのかもしれないと感じるようになりました。

131118p035

131118p044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動(11月18日)

災害ボランティアセンターの活動は続いていますが、DRT-Japanとしては昨日までにIVUSAとのコラボ活動を終了し、ひとまずは撤収準備。
今日の任務は、一部の残った廃棄物運搬と機材返却。
午後は床板の洗浄作業に途中参戦。

午前中に行った災害廃棄物の仮置き場の横に在る三原山火山博物館は、今日から災害後、初めての営業。
ほかにも幾つかの町営の施設が今日から通常営業を再開とのこと。
まだまだ生活環境が整わない方もいるかと思いますが、日常の体制を取り戻すのも大切な復興へのステップ。

救援ボランティアも観光客も、ますます島に訪れて欲しいと願います。

131118p009火山博物館の横の災害廃棄物 仮置き場へ

島で見られる地質的アート
131118p015

お世話になり、大活躍してくれたバックフォーの返却
131118p013

午後は床板の洗浄
131118p065

131118p066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動(11月18日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動(11月17日)

IVUSA第三次隊の活動、2日目。

IVUSAの圧倒的な作業量に、お寺の境内に流れ込んだ土砂は一箇所に積み上げられ、見違えるほど片付きました。

元気と笑顔で被災した地に明るさを取り戻す、IVUSAらしい活動でした。

昼過ぎの船で本隊が帰路に就きました。
安全管理で現場活動を支えた、DRT-Japanの仲間も船に乗りました。
皆さん、本当にお疲れ様でした。

131117p003

131117p005

131117p016

131117p019

131117p028_2

131117p048

131117p052

131117p060

131117p061b

131117p076b

131117p086

131117p038

131117p117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動(11月16日)

台風26号による、豪雨、土砂崩れ災害の発生から1ヶ月になる16日。
DRT-Japanの仲間とIVUSAと再合流しての作業。
川沿いのお寺の境内での土砂の掘り出しと被災家財の搬出、境内の樹の伐採など。

一輪車で出してくる土砂を山にする、バックフォー作業を担当しましたが、次から次と土砂を掘り出してくるIVUSAのパワーを再確認しました。

131116p010
名古屋からボランティアに来た職人ミヤッチに一輪車通路をこしらえてもらいました。

131116p253

131116p253

131116p019

131116p041

131116p054

131116p055

131116p060

131116p114

131116p130

131116p135

131116p140

131116p183

131116p163

131116p184

131116p179

131116p189

131116p239

131116p238

131116p200

131116p201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動(11月15日)

お寺の境内に積み上げられた被災家財。
明日の作業場所の確保も兼ねてダンプで運び出します。

昼から雨が降り出し、午後は作業を中止しましたが、手際の良い精鋭メンバーが揃ったので午前中にも作業は捗りました。

午後は精鋭メンバーにチェーンソーのメンテナンスを覚えてもらいながら手入れしました。

131115p010

131115p011

131115p025

131115p023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動(11月14日)

土石流で壊されたコンクリートブロックづくりの燃料庫の解体。上に載っている青い瓦は全壊した隣の家屋の屋根の一部。

突然の崩壊による事故を防ぐために、重機で支えたり引っ張ったりしながら慎重に作業を進めます。
解体したブロックの撤去は企業ボランティアさんたちが迅速に行ってくれました。

131114p019

131114p025

131114p043

131114p047

131114p051

131114p054

平行して行った土のう積み。
今後の雨で土砂がさらに流れるのを防ぐための処置。
131114p079_2

131114p074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

伊豆大島台風水害 復旧支援活動~番外

お昼は、立ち食いカウンター風、現場食堂。
いただき物の暖め機能付の食品。
屋外でこの味がいただけるなら、大満足です!
131113p056

まじ、うまいっすよ。
131113p057

「指差すのは、輝かしい明日」
IVUSAのポーズで。
131113p062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆大島台風水害 復旧支援(11月13日)

11月13日の伊豆大島での活動。

ブロック塀の撤去。
ハンマー・エンジェルズの活動は久々のように感じます。
131113p008

131113kur01

昨日伐採したイグネの撤去、運搬。
DRT-Japanチェーンソー隊が積みやすい大きさにしてダンプで運搬。
131113p010

131113p028

131113p020

土石流で原型を留めなくなった自動車数台。その破壊力に驚かされるばかりです。
依頼により、重機で移動をしましたが、見るも哀れな姿。
移動に手こずり、手荒な重機操作となってしまいましたが、これまで所有されている方の生活を支えていた乗り物。心が痛みます。
131113p040

131113p068b

昨日から取り掛かっている、崩壊したよう壁の法面をボランティアさんに土のう袋を作ってもらい窪みに入れて、ブルーシートをかけてもらいました。
これから雨が降ったときに更なる土砂の流失を防ぐ措置を行いました。
131113p076

131113p081

北海道から駆けつけたハマちゃんは雫石で活動した仲間。
131113p087

ダンプ2台、バックフォー2機、ショベルローダー1機。
もはやボランティア活動の現場に見えませんが、道具(幅広い意味での)を集め、技術を活用し、人材を尊む活動スタイルの一場面。
目的は被災の景色から平時の景色を取り戻し、住民さんの笑顔を取り戻すこと。
131113p107

131113p109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

伊豆大島台風水害 復旧支援(11月12日)

引き続き作業している庭の土砂は見るほどに量が計り知れないほど多いです。
それでもこれまでの景色に近づけることで、住民さんの心を癒せるよう作業を続けていきます。

土砂の流れ込んだ庭に転がる石。
庭園に置かれていた石のイス。
一つ一つの物に目を向けると被災前の光景が、一端では有るけれど見えてきます。
それぞれの物が記憶を持っているのだと感じます。
131112p018

131112p021

土石流被害を受け、不安定な状態となった乗用車。
危険を取り除くために重機を使って移動しました。
131112p033

131112p041

よう壁が崩壊した法面から土砂が流れ出ないように土を固める処置を行いました。
131112p052

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

伊豆大島台風水害 復旧支援(11月11日)

11月11日

今日も重機メインの作業。
庭に堆積した土砂の掘り出し。
時折出てくる石は、土石流に押し流されたよう壁と庭石。
手塩にかけて作られた庭だった。
元通りには、なかなか戻らないですが、せめて庭の輪郭を取り戻したい。

131111p034

131111p033

131111p037

131111p112

131111p102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

大島台風災害復旧支援活動 11月10日

11月10日、サテライト予定地の整地作業。
IVUSAに溜まった水を除去をしてもらい、昼間では順調に整地作業を行いました。

131110p023

131110p039

引き続き、IVUSAには自動車の下の泥出し。
DRTメンバーとジャッキアップをしながら行っていました。
131110p034

131110p036

他にも、住宅内の床下泥だしなど活躍してくれたIVUSAの大島 2次隊 本隊が帰路の船に乗りました。
たくさんの元気をありがとう!!
131110p053

午後からは少数精鋭で床下の泥出しを継続。
いつもながら、泥色に染まりながら、限界を感じさせない作業をしてくれています。
131110p072

川に目を向けると、土石流の爪痕を感じさせます。
131110p064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆大島での救援活動参戦

台風26号で大きな被害を受けた伊豆大島での救援活動を、DRTでも動き始めました。

先乗りの仲間たちと合流して、IVUSAの入る現場で活動開始。
大量の土砂を取り除き、運び、被災前の日常を取り戻す作業。

まだまだ復旧作業のさ中。
同志を募ります。

131109p016

131109p023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

神社の植樹予定地の土づくり

神社の所有地で景観整備活動をするスマイルシードさんの活動にダンプオペレータで協力。
先日、刈った草を植樹する予定の土地に運び、土と混ぜて養分にする行程行いました。

131107f005

131107f017

131107f008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

GAKUVO70陣を引き継ぎ、整地作業

GAKUVO70陣が帰路に就きました。
少数精鋭で大きな成果を残してくれました。

131104f003

GAKUVO70陣が景観再生に取り組んでくれた神社で重機を使った整地作業を延長戦で行いました。
131104f007

131104f009

午前中の雨で、スタートを遅らせたため、終了時の写真は、光量不足ですが、社務所本設工事予定地と備蓄倉庫設置場所の整地作業を完了しました。
131104f011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GAKUVO70陣 神社の景観再生

GAKUVO70陣、作業2日目。

昨日と同じく神社の景観再生。
朝一番に、宮司さんが
「昨夜キレイになった境内を見て、バンザイして喜んだよ」
と笑顔で挨拶してくれました。

今日は、宮司さんのご親戚が神輿蔵の整理などされていて、みるみる神社の整頓が進められていました。
GAKUVOは、津波で居場所を失った石碑などを整頓するため、借り置き場に移動する作業を重機で釣りながら行いました。
もう一つはどんと祭を行う境内の一角を整地する作業でした。

131103f030

131103f043

131103f055

石碑の移動
131103f038

考えて、効率を上げる工夫をするノボくん
131103f051

黙々と作業を続けるフレッツくん
131103f082

色んな作業に好奇心を持ってチャレンジするはなちゃん
131103f101

作業を終えて、宮司さんの話を伺い、出発の時は丁寧な挨拶をしてくださいました。
131103f116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

GAKUVO70陣! 台風被害の神社境内片付け

GAKUVO70陣の精鋭。

先日の台風で住居や物資倉庫などに被害の出た神社。
これまで景観再生など整えてきていた神社でしたので、再び落ち着きを取り戻すために片付けの作業と、物資倉庫を配置するためのスペース確保の荷物移動をしてもらいました。

.
物資倉庫にしていたテントが台風で壊れてしまったので、撤去して中身を移動。
131102f003

防災倉庫を置くためのスペースを作るために、重たいコンテナを移動。
131102f009

131102f018

濡れてしまった畳の運搬
131102f042_2

131102f047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

仮設団地の運動会 会場の整地(2日目)

運動会が行われる、仮設団地の広場の整地作業。
新導入の運搬車も加わり、昨日からの作業が仕上がりました。

当日、多くの人が集まるよう願っています。

131101f002

131101f003

131101f011

131101f007

午後は、今後の作業の準備で土を運搬。
131101f019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »