« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月28日 (月)

11/27 鳥取中部地震 倉吉支援活動

11/27 鳥取中部地震 倉吉支援活動
11/27(日)鳥取中部地震、倉吉での活動

あいにくの雨でしたが、倉吉市のボラセンにはボランティアさんが訪れていました。

屋根作業の予定を組めないので、顔見知りになった社協職員さんに
「現地調査に行きましょうか?」
と声をかけると、チャーミングな笑顔でニーズ票をドッサリと出してくださいました。
その内3分の2を建設業ボランティアさんにお譲りして、先週熊本で会った神奈川のK君とボラセンで再開したので2人で現地調査を行いました。

「現地調査のみで、今日は作業出来ないんです」
とお話ししても、うかがったお宅の皆さんが優しく迎え入れてくださいました。
お話を聴くだけでも、顔を見せるだけでも安心していただけるのだと改めて感じました。

調査の中でブルーシートを固定するための下地作りが必要と考えた現場で、午後に少し作業も行いました。

昨夜は雨の中での移動をためらうこともありましたが、雨の日こそ、地元の方とお話しする時間を十分に取ることができて、有意義な時間となりました。

写真は趣味の地元スーパー巡りで見つけた ちくわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

11/20 熊本・益城町 支援活動

11/20 熊本・益城町 支援活動
11月20日(日)

ブルーシートの張り直し作業。
歪んだ瓦の上からブルーシートが張られていましたが、雨漏りがしているとのことで、張り直すことになりました。

今回はなるべくシートが破けないように、瓦を落とすことにしました。さほど大きなお宅ではないのですが、瓦の量はとても多く感じました。

作業の途中で帰路に就いてしまいましたが、雨漏り被害がおさまることを願って安全運転で帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11/19 熊本・益城町支援活動

11/19 熊本・益城町支援活動
11/19 熊本・益城町支援活動
11/19 熊本・益城町支援活動
11月19日(土)熊本・益城町コミュニティ支援活動

益城町内の仮設住宅に新しい集会所が出来た記念のイベント。
建物内では、講演会。
屋外では焼きそば や 廣島お好み焼き の振る舞いをしていました。

お好み焼きを焼く『コミサポひろしま』のお手伝いをさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

倉吉での活動

倉吉での活動
倉吉での活動
倉吉での活動
11月13日(日)
3回目の鳥取県中部地震の緊急支援活動。
地元の建設のお仕事をされているボランティアのKさんと三たび一緒に活動しました。
「こんなに丁寧にしてもらえるとは有り難いです」
と、依頼者さんが喜んでくれる仕事をKさん中心に行ってもらいました。

本日は2件のブルシート案件を完了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

六甲祭2016

六甲祭2016
六甲祭2016
神戸大学 六甲キャンパスで開催されている
『六甲祭』を覗いてきました。

学生震災救援隊の仲間たちのお店『SpeakEasy』の今年のメニューは《いきなりサンド》
熊本の名物《いきなり団子》風にサツマイモとアンコの入ったサンドイッチ。
サツマイモとアンコがバンにもよく合います(^-^)

明日11/13も開催しています‼︎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

11/3 鳥取地震

11/3 鳥取地震
11/3 鳥取地震

鳥取県 中部を震源とする地震から2週間を迎えようとする11月3日(木・文化の日)。
倉吉市災害ボランティアセンターに2回目の参加をしてきました。
この日は概ね日が陰った天気もあり、屋根の上の作業は肌寒く感じる時も有りました。
ブルシートをかけに行ったお宅では、異口同音にこれから降る雪に心配する声が聞かれました。

日曜日にも一緒に作業してくださった地元の建設業で働く方を含めて、個性的な4人のチームで活動をしました。
時折小雨がちらついて、ひやりとすることも有りましたが、瓦を濡らすまではなく5件のニーズに対応しました。

依頼のお宅を見つけられずに住宅街を歩いていると、ご近所さん数名が声を掛け合いながら一緒に探してくれるなど、地域の暖かさに触れる場面も有りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

10/30 鳥取地震

10/30 鳥取地震
10月30日(日)は鳥取地震の被害の大きい倉吉市で活動しました。

僕は建設業の2人を含む5名でチームを組み、5件のブルシート張りや張り直しの作業をしました。

倉吉市災害ボランティアセンターが高所作業のできるボランティアを呼びかけ、ブルシート張りといった屋根の上での作業を展開しています。

建設業組合などの既存組織からの協力もあり、多くの高所作業のできるボランティアが集まっていましたが、依頼件数が多く、まだまだ人手が必要な状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »